無駄のない効率的なSEOで集客を目指す

売上につなげるseoのTOP > SEO対策 SEO SEO 大阪 > キーワード選び SEOに油断は大敵

目次

  1. SEOに油断は大敵
  2. seoの新しい構成について
  3. seo対策以外で表示順位が変化する要因
  4. seoは人工知能への対応を考えるべき
  5. seoでは検索システムの学習能力に注意
  6. seo対策向けのライティングについて
  7. seo診断はSEO会社に依頼をしてください

SEOに油断は大敵

10位以内に入った、または5位以内に入ったとなると、SEOで効果を出せているという事で喜ぶべき事でしょう。

しかし、油断は大敵です。それで終わりではありません。その順位をいつまで続かせる事ができるかという事が重要です。

更に、順位は上がっても、それがそのままコンバージョンにつながっているかという事も注意しなくてはいけません。

ただ順位を上げるだけでは目的なのではありません。会社の利益に結び付ける事ができて、そこでようやく成功と言えるでしょう。

でも、ある日、順位が急に下がってしまったという事もあるみたいですので、常に油断する事なく、このまま慎重に対策を続けていきたいですね。

大阪でseo会社を探すなら「SEO大阪」で検索。

seoの新しい構成について

seoはGoogleの新しい検索アルゴリズムに合わせて改良が続けられていますが、特にコンテンツの構成などについて検討されることが多くなっています。

seoでは従来コンテンツの構成はあまり重視されていませんでした。

しかし、ハミングバードや人工知能を搭載したRankBrainの登場でコンテンツ自体の良さが重要になっています。

しかし、seoではコンテンツ自体を改良できていないことから視聴者に受けるコンテンツの作り方や見やすさに重点が置かれてきており、新しい手法の開発もコンテンツをいかによくするかに焦点があつまっています。

大阪で信頼のできるSEO会社を探すなら「SEO会社 大阪」で検索。

seo対策以外で表示順位が変化する要因

Webサイトが検索結果の上位に表示されるためには、被リンクの増加やコンテンツの充実などseo対策が必須となりますが、これらの施策以外の要因によっても掲載順位は変化します。

検索サイトのアルゴリズム変更がその一つで、ペンギンアップデートやパンダアップデートはその代表例と言えます。

ペンギンアップデートは、検索したワードによって表示順位を決めるためのアルゴリズムの変更で、現在はリアルタイムに行われています。

一方のパンダアップデートは、品質の高いサイトを上位に表示するためのアルゴリズムです。

このため、小手先だけのSEO対策ではなく、Web閲覧者の身になってサイトを構築することが、上位表示への近道となります。

コンバージョンで選ぶSEO会社について。

seoに関する記事

seoは人工知能への対応を考えるべき

今の検索システムは人工知能の技術が盛り込まれているといわれています。いわゆるAIといわれるものです。

ですから、seo対策を講じるときは、このAIへの対応というものを考える必要があります。

人工知能というのは自分で経験をして、これを元に自分で成長をしていくというもので、常に新しいシステム作りが出来るという特徴があります。

ですから、seo対策を講じるときは、今の人工知能が何を考えているのかということを調べ、その結果をもとにして行う必要があるということになります。

そして、定期的に今のシステムの具合をチェックすることが必要です。

seoでは検索システムの学習能力に注意

seo対策をするときには、検索システムの学習能力の高さにも注意が必要です。というのは、今の検索システムにAIが組み込まれていて、自分で経験を糧として学習していくシステムが出てきているからです。

これによって過去に通用していたような安易なseo対策もどんどんと通用しなくなっています。

基本的にこれからはサイトの内容というものが重視されることになり、リンクなどの外的な要因は外されていくか重要度が下がるということが考えられます。

つまり、内容重視という検索システムになっていくことが予想されますから、こうしたことを考えて対策をすることも必要です。

seo対策向けのライティングについて

seo対策として、ユーザーの検索しそうなキーワードを調査して、それに基づくコンテンツをライティング機会も最近では増えてきています。

ただし、そのコンテンツの質には注意する必要がでてきました。

その理由としては、Googleの検索アルゴリズムにAIが採用されるようになったためです。これにより、どういった意図でユーザーが検索したのかを知る精度が高まりました。

そのため、ライティングにおいても、その意図に応えることができるようなものをコンテンツとする必要が高まり、seo対策としては、どのようなユーザーかを想像することが必要になりました。

実際にはライティングにおいてより詳しく、クリック率を上げる様な装飾が必要で、それだけでは順位が上がりませんので注意が必要です。

これは、2018年3月に導入されたコアアルゴリズムによるもので、より信ぴょう性があり、真実とgoogleが認識するような文章であることが望まれます。

seo診断はSEO会社に依頼をしてください

seo診断を専門に行っているSEO会社が多くあります。そのSEO会社は、多くの対策を講じることが出来るので、依頼をすれば数週間から数カ月で閲覧順位を上げることが出来ます。ウェブページの閲覧順位が上がれば、ネットの売り上げにも大きく影響するので重要な仕組みです。

診断をしてもらうことで、今後このようにサイト運営していけばよいのか、弱い点などを教えてくれますので今後の運営にも大きく貢献することが出来ます。seo対策で迷われている方は、SEO会社に依頼をしてみてもらうようにしてください。すぐに効果を実感することが出来るのでとてもおすすめです。

メニュー

TOP SEO SEO対策 SEO大阪