無駄のない効率的なSEOで集客を目指す

売上につなげるseoのTOP > SEO > SEO対策 SEO大阪 HTMLの知識とSEO

目次

  1. HTMLの知識とSEO
  2. seo対策として把握しておくべきこと
  3. ホームページ制作後のseo対策で重要なこと
  4. ホームページ制作でseo対策を行う目的
  5. ホームページ制作をした後のseo対策
  6. ホームページ制作におけるseo対策の種類について
  7. 長く続ける事が大事なコンテンツseo
  8. 王道と言えるコンテンツseo
  9. 【2019年】GoogleのSEOアップデートを優しく解説する
  10. 本気で売るためのページ作り【14】 コンテンツ is キング(SEOの歴史)

HTMLの知識とSEO

制作をする時に求められる事が多いHTMLの知識があれば、SEOを行う時には行いやすくなる事でしょう。しかし、これだけでいいかと言えば、不十分でしょう。

ソースコードに対する理解ができれば、それだけでSEOもできるというものではありません。他にも検索エンジンのシステムに関する知識はあった方がいいでしょう。

更に、アルゴリズムを自分で読み解く様な技術があった方がより好ましいでしょう。

浅い知識だけでは、難しい場合が多く結果を出すためには、かなりの知識がないと難しいのではないでしょうか。

知っているというだけではなくて、かなりの労力を費やさないといけない事も考えられます。

大阪でseo会社を探すなら「SEO大阪」で検索。

seo対策として把握しておくべきこと

seo対策にはいろいろな方法がありますが、本来の目的を明確に把握しておくことが重要となります。

seo対策のためのサイトを参考にして適当に更新してもほとんど効果が得られないことが少なくないのです。

また、コンテンツをチェックして評価をするためのgoogleのアルゴリズムがこれまでも何度も変更されています。

このアルゴリズム変更に対応するために今の状況を把握しなければなりません。

これまでペンギンアップデートやパンダアップデートが有名ですが、これらはすでに基本的なアップデートに組み込まれています。

つまり、googleのアルゴリズムよりも自分のサイトの品質を上げることを考えなければなりません。

大阪で信頼のできるSEO会社を探すなら「SEO会社 大阪」で検索。

ホームページ制作後のseo対策で重要なこと

ホームページ制作を行った後には、SEO対策が必要です。検索エンジンで検索したユーザーが、最初に閲覧するのが、関連するホームページのリンクが並んだページです。

上位に表示されているリンクほど、検索したキーワードにマッチングするような仕組みになっています。

先に挙げたリンクの並んだあたりのことを、自然検索結果と言います。また、オーガニック検索と呼ばれることもあります。

上位表示されればユーザーに閲覧される可能性は高くなりますが、上位表示されれば良いというわけではありません。

ユーザーが求めている情報でなければ、ユーザーはすぐに離れてしまいます。そのために適切なタイトルを考えるのが重要です。

コンバージョンで選ぶSEO会社について。

seoに関する記事

ホームページ制作でseo対策を行う目的

ホームページ制作においてseo対策を行う目的は、集客を高めることにあります。SEO対策を行えば、Google検索などで特定のキーワードでの順位を上げることができるようになるのですが、ユーザーは上から順に見ていく傾向があるため、自分のサイトに訪れてくれるようになるのです。

また、特定のキーワードで1位になることができれば、ホームページとキーワードを結びつけることとなり、ホームページへの印象を決めることになるため、ブランド力の効果につなげることができます。このようにして、対策を行えば、多くのメリットがあります。

ホームページ制作をした後のseo対策

何か情報を得たいときに、webで検索を行うという人も多いでしょう。インターネット上には、数えきれないほどのwebサイトが公開されています。

そのwebサイトは、ツールなどを使って、個人でも比較的簡単にホームページ制作を行えます。

ホームページを作った後に必要なのがseo対策です。seoはSearch Engine Optimizationの略称です。検索エンジンに上位表示をしてもらうためには、ホームページ内の情報を正しく伝える必要があります。

例えばあるコンテンツのタイトルとその内容に差があると検索エンジンは評価をしません。

ホームページ制作におけるseo対策の種類について

ホームページ制作をする際に、seo対策もあわせて行うものですが、主に二種類の施策があります。一つ目は内部施策といって、HTMLのソースコードを変更していきます。

具体的には、ページごとのタイトルであったり、ページ内の見出しタグなどが設置されている文言や設置場所の変更を行なっていきます。

二つ目は、外部施策といって、他のサイトから該当のキーワードを含む文言でリンクされるようにすることです。

近年(2010年以降)は、外部施策の取り締まりが厳しくなってきている傾向にあり、外部施策よりも内部施策を中心に施策が行われるようになってきています。

長く続ける事が大事なコンテンツseo

どの様な点がコンテンツseoにおいて難しいのかという事についてですが、何と言っても長く続けるという事でしょう。

やはり、コンテンツseoは長い間ずっと記事を作成して更新していかないといけません。コンテンツseoを行っていると、単調な作業が続いてしまう事もあります。

時には忙しくてコンテンツseoを行う時間が十分に取れないなどという事も考えられます。

コンテンツseoはすべて社内だけで対応しないといけないという分けではなくて、外部の企業で対策を専門としている所もありますので、対策を代行してもらう事もできます。

そうすると、一定のコストはかかりますが、対策を長く続ける事ができます。

王道と言えるコンテンツseo

簡単に結果が出せる様な近道があればいいのですが、SEOに関しては、その様な甘い話はなく、コンテンツseoが王道であると言われる事もあります。コンテンツseoというのは、クオリティが高い文章がたくさん必要になります。

ですので、コンテンツseoを行うとなれば、長期戦となる事が予想されます。

また、コンテンツseoを行っても、短期的に結果を得る事ができたというのは、結果が出ないよりはいいですが、やはりコンテンツseoを行うのであれば、だんだん成績が良くなっていくというのが理想的であると言えるでしょう。

すぐに結果が出ないとイライラする事もあると思いますし、先が見えず対策を行うのが億劫に感じられる事もあるかと思いますが、どの様な場合であっても続ける事が大事となります。

【2019年】GoogleのSEOアップデートを優しく解説する

【2019年】GoogleのSEOアップデートを優しく解説する

公開日:2019/10/27

本気で売るためのページ作り【14】 コンテンツ is キング(SEOの歴史)

本気で売るためのページ作り【14】 コンテンツ is キング(SEOの歴史)

公開日:2014/12/23

メニュー

TOP SEO SEO対策 SEO大阪