無駄のない効率的なSEOで集客を目指す

売上につなげるseoのTOP > SEO SEO対策 > SEO大阪 大阪、神戸のSEO会社の実力

目次

  1. 大阪、神戸のSEO会社の実力
  2. SEO会社の考えるSEO
  3. SEO会社がお勧めする「E-A-T」コンテンツ
  4. 2021年のSEO

大阪、神戸のSEO会社の実力

大阪、神戸には多くのSEO会社があり、多くは東京のSEO会社、広告代理店と提携、下請けとしてSEOの対策を行っています。そのため、多くの方は知りません。しかし、実力のあるSEO会社が多くあります。多くといっても最近はSEO会社は少なくなっているので数は知れていますが。

Googleの検索アリゴリズムが日々変更になるため、Googleの検索アリゴリズムと向き合っていないSEO会社には結果を出すすべはありませんが、費用やそれ以外の怪しげな理由でSEO会社を選んでいる方も多くいます。そんな場合は今のSEOにおいては結果を出すのは難しいでしょう。だからこそ、大阪、神戸の実力のあるSEO会社が注目されているのです。

どこが違うのか?というとGoogleの検索アリゴリズムに向かい合い、コンテンツの量や質を数値として考えていること、そして日々実証実験を行っていることがあげられます。ただ、評論家のようなSEO会社ではないのです。

SEO会社の考えるSEO

SEO会社の考えるSEOとは何なんでしょうか?最近はビッグキーワードでのSEOというよりもコンバージョン獲得効果の高いキーワードでのSEOを行うことが増えています。コンバージョン獲得を目的としたコンテンツ作りがSEO会社の提案なのです。

コンバージョン獲得を考えたコンテンツというのはWebマーケティング、コンテンツマーケティングと同じものと考えられますが、SEO会社のおすすめするコンテンツマーケティングは少し違います。それはコンバージョン獲得を考えたという点では同じですが、Googleの検索アリゴリズムでの評価という面も考慮した提案をします。

Googleの検索アリゴリズムを考慮したというのはキーワードの含有率やコンテンツ内での専門用語の有無、日時、固有名詞の有り無しなども含みます。ただ、単にコンテンツを作るのとは集客、コンバージョン獲得という面では大きな違いがでます。

SEO会社がお勧めする「E-A-T」コンテンツ

Googleの検索アリゴリズムを考えたコンテンツ作りということの根本はGoogleの提案しているガイドラインにかかれている「E-A-T」なのです。この「E-A-T」に基づくコンテンツ作りがSEOの基本なのです。その「E-A-T」とは何か?というと、

  1. Expertise(専門性があること)
  2. Authoritativeness (権威があること)
  3. TrustWorthiness (信頼できること)

なのです。

具体的には何か?というと信頼ができる内容でかつ、専門的な内容も含むコンテンツなのです。それをわかりやすく説明したものなのです。そして、サイトの閲覧者が引用したくなるようなコンテンツであることが望まれるのです。

2021年のSEO

2021年のSEOはそれまでのSEOと何が違うのでしょうか?それはGoogleのコンテンツ理解の精度が高くなったため、世界中のインターネット空間に存在するコンテンツでの評価を加味した順位付けが行われ始めていることです。言い換えると知名度の高い信用度の高いサイト、ドメインは評価があがるのです。

それはGoogleのコンテンツのガイドラインの「E-A-T」とも合致するのです。具体的に言うと多くの人に知ってもらえるようなコンテンツを作る必要があるのです。そしてそのために仕掛けが必要なのです。それはプレスリリースであったり、情報のSNSでの配信であったりとなります。

Googleのコンテンツの評価がそのサイトのあるページだけの評価ではなくなってきているということです。そうなると自作自演のようなものは全く通用しなくなるのです。

seoに関する記事

メニュー

TOP SEO SEO対策 SEO大阪