無駄のない効率的なSEOで集客を目指す

コピーはSEOにも良くない

サーバー上にあるホームページは他のホームページの模倣などではなくて、他にはない一点ものである必要があります。

模倣するとまず著作権をおかしてしまう可能性があります。これは法律にひっかかりますので、辞めないといけません。そして、他のホームページからコンテンツなどをコピーした場合には、SEOにも良くないと言われています。

SEOをするのであれば、コンテンツの数はできるだけ多い方がいいと言われる事もあります。その際に、楽をしてコンテンツを増やそうとして、コピーするという事を考える人もいる様です。これを行うと著作権という法律にも違法する事にもなりますし、また得られる評価というのは非常に低くなるという事も予想されます。

メタタグの精査もseo対策には有益

大手検索エンジンであるGoogleの検索アルゴリズムで有名なものに、ペンギンアップデートとパンダアップデートがあります。これらは、ユーザーがGoogle検索を使って、より有益なサイトを見つけられるようにサポートしようとするものです。

つまり、Googleが検索結果の表示順を変動させるのです。サイト運営者にとって、seo対策はアクセス数に敏感に反映されますから注意が必要です。Googleはアルゴリズム変更を何度も行っていますので、休むことのないseo対策が必要となります。メタタグの中身の精査も、seo対策には有用な手段となります。

アウルアップデートに対するseo対策

Googleの検索アルゴリズムの大きなアップデートは度々行われており、最近は、アウルアップデートが大きな影響をサイトに与えています。このアップデートは、そのサイトをみたユーザーに誤解を招くような内容のコンテンツであったり、人や歴史や国に対して悪意のあるコンテンツの順位を下げるといったものです。

このアップデートに対するseo対策は、ユーザーのことを考えたコンテンツを提供することを考えるのが一番です。ユーザーにとって真摯に向き合って、有益なコンテンツを検討すれば、このアップデートの悪い影響を受けないです。

アウルアップデートに対するseo対策

日々、Googleの検索アルゴリズムは更新されていますが、大きな更新にはパンダアップデートやペンギンアップデートなど名前が付いています。最近のものでは、アウルアップデートが話題となっていました。

このアップデートによって、信ぴょう性のうすいコンテンツを持っていたり、歴史や人物などへのネガティヴな意見を載せていたりすると、検索結果の順位を下げてしまうことになります。そのため、seo対策を何か特別に施していかないと考える方もいますが、実際は何も必要ありません。ユーザーにとって有益コンテンツとなっていれば良いのです。

アウルアップデートと今後のseoについて

2017年4月25日に、Google検索システムにおいて、「攻撃的なサイトおよびデマや広告の多いサイトの順位を下げる」という内容の、「アウルアップデート」が行われました。これにより影響を受けるサイトは、上記のような悪質な業者や、反社会的な内容のサイトに限られたことと思って間違いないでしょう。

現在のところ、健全なサイトにはほとんど影響は見られません。ただし、単にアクセス数稼ぎに必死になって、グレーゾーンであるところのブラックseoに手を出すとこういった憂き目に遭いやすくなる可能性が上がります。良質なコンテンツ作りという基礎を忘れないようにしましょう。

アウルアップデートは何故、seo界隈で話題なのか?

アメリカの時間で2017年4月25日に展開されたアウルアップデート。アウル(owl)は英語でフクロウの意味ですが、その主目的は嘘情報のような社会的に有害なサイトの検索順位を落とすことでした。

しかし、実際にアップデートが行なわれると、そうしたサイト以外にも影響が及ぶことが分かり、注目が集まりました。このアップデートでは上記の他、コンテンツ品質評価ガイドラインの更新をしたり、不自然なサジェスト検索に関してGoogleに報告をしやすくしたりしました。これらの中でもseoと関わりのある人たちの関心を集めたのが、最初の有害サイトへの対策でした。つまり、その影響範囲についてでした。

seo大阪はSEO インビテーション

seoに関する記事