無駄のない効率的なSEOで集客を目指す

売上につなげるseoのTOP > SEO

目次

  1. SEOについて知りたい
  2. seoに重要な要素の変化
  3. seoのコンテンツ量
  4. seo対策の技術も進化する必要がある
  5. ネット宣伝はseoが重要
  6. セマンティック世代のseo対策はユーザー目線が重要
  7. ツールを活用したseoへの対策
  8. ツールを使用したseoの解析
  9. seoと検索エンジンの攻防について
  10. seoの初心者でもわかる解説
  11. seoをより深く理解する
  12. seoでホームページのアクセスを増やす

SEOについて知りたい

ホームページの制作をしている人であれば、SEOについて知りたいという人も多い様です。

更に自社のホームページを運営していて、集客するためにSEOに詳しくなりたいという人もいるかもしれませんね。

その様な人はどうやって勉強したらいいのでしょうか。

基本的な事についてまず学びたいというのであれば、書籍やインターネットからも情報を集めてくる事ができるでしょう。

本当にたくさんの事を知っていないと、厳しいかもしれません。でも、すべてについて知るというのは厳しい様ですので、できるだけ対策に必要な事を中心に学ぶようにしたいですね。

ただ情報を集めるというだけではなくて、自分で手を動かして対策をやってみるという事も時には必要になってくるでしょう。

seoに重要な要素の変化

Googleの検索アルゴリズムはハミングバードとRankBrainの登場で大きく変わってしまいました。そのため従来のseoテクニックはほぼ使えなくなっており、新たな手法の開発が急がれています。

改良にあたっては要素の使い方が重要と言われています。

従来のseoではキーワードの出現割合などが重要視されていましたが、文章の繋も考え、また、文章の意味が重要となっているので単なる要素の組み合わせではなく、コンテンツ自体とキーワードとの連携が重要となってきており、seo側も柔軟な対応が求められ、新しい手法の開発につなげようとしています。

seoのコンテンツ量

多くのサイトでseoのためのコンテンツ量が提示されています。私の感じるところでは800文字以上、オリジナルの文章でなければ評価されていないように感じます。

これは、非常に大事で、このコンテンツの中に5%~15%程度のキーワードを含む必要があります。

可能な限りコンテンツをページ数も増やすことがペナルティーにならないseoでないかと考えております。

実際にコンテンツを書くことを考えると800文字以上書くのは結構大変です。だからこそ、価値が生まれるのではないでしょうか?

seo対策の技術も進化する必要がある

今の検索システムはAIという人工知能の技術が日々進化をしていますから、これに合わせてseo対策も進化をしていく必要性があります。

特に注意が必要なのが、これまで重視されていたと考えられていた被リンクの獲得です。

これまでのseo対策ではこれをしておけばいいというようなところがありましたが、今はこの被リンクは重要項目から外れてきている可能性も出てきています。

AIの技術の進化によって、よりサイトな内容を重視するようにプログラムが出来てきているようですから、これを考えてseoもする必要性が出てきているといえます。

ネット宣伝はseoが重要

最近は物理的に存在するサービスをやっていたとしてもサイトでの宣伝は重要です。まず何かのサービスを購入する際にはだいたいの人はネットでサイトを見たり口コミを見たりします。

そのときに口コミやサイトがまったくないと、評価のしようがないのでサービスの購入は辞めておこうということにもなります。

seoはAIが自動的に行っていますが、最近は純粋に質の高いコンテンツが上位に表示されるようにseoが行われています。

なのでネットで宣伝する際には質の高いコンテンツを作成する必要があります。具体的なサービスがあるのであれば、それをわかりやすく見やすく書くことです。

セマンティック世代のseo対策はユーザー目線が重要

AIという技術は、既にwebの世界にも採用されており、webページのランキングにも影響を与えています。

技術的な言い方をするなら、検索キーワードにより行われた結果に影響する、seoというカテゴリーに採用されていると言えます。

これは、検索サイトを司る大手企業からの、事後報告のアナウンスで判明した事です。

さてこの人工知能の搭載されると、どの様な影響が出るのかというのは、気になるところでしょう。

端的に言えば、従来型の検索方法であるキーワード検索から脱皮をし、セマンティック検索という新しいシステムへ変化したと言えます。

従来のseoでは、検索キーワードを中心に対策を練っていました。

しかし、セマンティック検索になると、検索キーワードの意味だけに留まらず、ユーザーがどの様な結果を求めているのかを推測し、適切なページを上位表示してくれる様になります。

では今後の対策はどうすれば良いのかと言えば、ユーザー第一主義を貫く事です。

そうすれば、それは立派なseo対策と言えるでしょう。

ツールを活用したseoへの対策

インターネットが幅広く活用される中で、検索エンジンの利用も多く見受けられます。何か目的の調べ物がある場合など、検索キーワードが条件として、検索結果による順位表示がなされます。

より上位の順位に表示されるためのseo対策がサイト運営者などによって行われており、サイト利用者の集客や広告マーケティングなどに役立てられています。

また、seo対策を順調に進めるための診断ツールも数多く存在しており、どのような対策が必要なのか、また同じジャンルのサイトにどのような対策が行われているのかなどを、細かく調べることも可能です。

ツールを使用したseoの解析

インターネットの利用において、検索エンジンからのキーワード入力による結果表示は、上位の順位に表示されるようにseo対策が行われています。

様々なツールによって、どのような対策が必要かという問題点の改善だけでなく、同じようなジャンルに当てはまる他のウェブサイトにどのような対策が行われているかという事も知ることができます。

検索エンジンからサイト利用者が増えるという事は、広告マーケティングにも大きな影響が与えられ、ウェブサイトそのものや、管理されている企業団体にとっての収益増加に繋がることも期待されます。

seoと検索エンジンの攻防について

seoは、ホームページ制作において検索エンジンの上位に表示されるよう、検索エンジン独自のアルゴリズムの解析などを行うことです。

基本的に、検索結果の上位なら表示させるホームページは優良なホームページとされます。

現在ではもともと上位に表示されていた有名企業のホームページが、seo対策により検索エンジン側でスパムと認定され、検索結果に表示されなくなるといった弊害も多くなっています。

Googleでは基本的に新しいコンテンツが上位にくるようなアルゴリズムを組んでいますが、対策により上位に表示されるホームページが出てきてしまうとGoogleの意向から反れてしまうため、一進一退の攻防があるといわれています。

seoの初心者でもわかる解説

seoをわかりやすい言葉にすると、「検索結果の最初に出やすくする方法」と言えるでしょう。

ホームページ制作をするにあたって、検索結果の上位に出てくるようになると、それだけ見てくれる人が増える可能性が高くなり、認知度の向上につながるということになります。

そのため、ホームページ制作においては、seo対策は必須事項と言えるのではないでしょうか。

ただし、検索をおこなう検索エンジンによっては、上位に出るようにする仕組みは異なるため、最適化の対策をおこなうためには、それなりの知識が必要となる場合があるのです。

seoをより深く理解する

日本で最も多く使われている検索エンジンはGoogleです。GoogleからGoogleサーチコンソールという順位チェックツールが提供されています。

Googleから適切に評価をしてもらうために、ホームページ制作に欠かせないWebサイト管理ツールとなります。

このツールを使ってわかる傾向は、Googleは専門性の高い情報により高い評価をするということです。

テーマに独自の切り口で深く掘り下げたコンテンツが上位に表示されることが多いです。

統計的に見て文字数が多い方が上位表示にきていることもわかります。seo対策の重要な要素だといえるでしょう。

seoでホームページのアクセスを増やす

seoというのは、検索エンジンでホームページを上位表示させるために必要なものです。ホームページ制作では、お金をかけずにアクセス数を増やす方法として大切です。

なぜなら、多くの人は検索エンジンで表示された結果を上位のものから見ていき、下になるほど見る人は減るからです。

せっかく作ったホームページも、下位に表示されて誰もアクセスしてくれないなら意味がありません。

seo対策の方法は、検索に使われやすい適切なキーワードを設定すること、ホームページに質の高いコンテンツを充実させること、他のホームページからの被リンクなどがあります。

seoに関する記事

メニュー

TOP SEO SEO対策 SEO大阪