ホームページを売上に結びつけるseo

ホーム

seoについて

seoはホームページに集客を増やす事を目的として行われています。

しかし、その方法はかなり難解である事などからseoを専門的に行っている会社に依頼して行っている会社が多い様です。seoを自分で行うにはかなりの労力などが必要になってくる事もあります。

seoで集客する事だけでは売上が良くならない事もあります。ホームページ自体が使いにくい場合や、またはおもしろいと感じるコンテンツが不足している場合などが考えられます。
常に改善点を洗い出し改めていく事が大切ではないでしょうか。

自分で行うべき事

seoを専門的に行っている会社はあくまでもseoは行ってくれるだけで、それ以外の部分に関しては自分で対処しないといけない部分もあります。

ホームページ自体を充実したものにするにはどうしたらいいか積極的に提案する事も大切でしょう。または、ホームページで成功している企業から学べる事も多いのではないでしょうか。

SNSサイトを使った情報配信を同時に行ったり、クーポンの配信、期間限定セールなど、顧客がいつ訪問しても退屈する事がない様な工夫も必要ではないでしょうか。

seo施策では、内部施策が重要です

近年では、seo対策を行う場合には、内部施策を行うことの重要度が日に日に高まってきました。これは、昔であれば、リンクを購入することで、他社サイトからの評価をもらい、上位のランクインが可能でした。

ただし、近年では、評価をもらうためのリンクは違反としてみなされ、厳しくとりしまわれています。そして、どういったコンテンツが用意されているのかということが重要となり、seo対策では内部施策の重要度の比重が高まってきています。例えば、大阪にあるオムライス屋さんであれば、オムライス関連のリンクをしてもらうよりも、サイト内の改修が求められます。

機械学習に対抗するseo

Googleは検索アルゴリズムに機械学習を導入したRankBrainを導入したと言われています。もともとハミングバードで大きな検索アルゴリズムの変更が行われましたが、RankBrainを導入することでより会話風の検索の精度が上がったと評価されています。

seoは検索アルゴリズムに対応してテクニックを向上させてきていますが、機械学習を導入した後のseoテクニックは混迷しています。理由としては検索結果がseoとの連動が見られるパターンがわかりづらいからですが、より、コンテンツ重視の検索結果が出ていると言われており、テクニックの利用価値が問われています。

seoはクエリに対応するサイトの表示

seoにおいてクエリとは検索者が検索窓に入力したキーワードのことですが、これをデーターベースに蓄積されたデータと照合してサイトの表示を決定します。過去にこのクエリで検索してきた人が最大限満足したサイトはこれだという感じです。

seoにおけるAIの動きの詳細はもちろん明かされていないのですが、検索する場所などの要因もサイトの表示順位には影響するということが言われています。これらに関してはいろいろなことを試して研究している人がいるのですが、結局のところソースコードは見られないのでブラックボックステストのようなやり方です。

seoのロジックは日々アップデートされる

seo自体はAIが自動で行っていますが、そのロジックは当然人間がプログラミングしています。最近は人工知能がプログラミングするという、プログラムがプログラムを作成するという技術もできていますが、元は人間が書いています。

ちなみに人工知能はソースコードを増やしているのではなくて、データベースにデータを蓄積しています。データを解析するロジックはあらかじめ組み込まれているものを使用しているので、そこをアップデートする場合は書き直す必要があります。 seoは上述のようにレベルアップしています。そして今後もレベルアップします。

おすすめのSEO情報

SEO対策楽しいインターネット広告SEM。大阪のSEO会社TKTによるSEOサービス

大阪、京都、神戸、東京、名古屋のお客様に支持されているSEOサービス。

SEO対策って儲かる?